パイザカジノ 違法性

パイザカジノ 逮捕

「パイザカジノ」でグーグル検索をすると「逮捕」というワードが出てきます。その為、パイザカジノで逮捕された人がいるのかどうかという点に注目が集まっています。

もし逮捕が事実であれば、どのような理由で逮捕されたのかも気になる点です。

パイザカジノとはオンラインカジノの中でも入出金が業界最速クラスであり、決済手段が豊富なことで人気を集めているサービスです。

検索ワードに逮捕と出てくるパイザカジノですが、実際に逮捕された人はいるのでしょうか。パイザカジノの違法性や逮捕者の有無について、その真相に迫っていきます。

パイザカジノで逮捕された人はいるの?

パイザカジノで逮捕者がいるのかどうかを調べる前に、オンラインカジノで逮捕されるのはどのようなパターンがあるのか調査を行いました。

調べてみると、2016年3月、海外インターネットのオンラインカジノサイトで賭博をしていたとして3名の日本人男性が逮捕される事件が起こっていました。

逮捕された理由は「賭博罪」の容疑によるものでした。日本の法律では偶然の勝負に関し財物をもって賭博を行うことは違法とされています。

それならばパチンコや宝くじでも違法になるのかと言われると、一時の娯楽に供する物をかけたときは違法ではないとされているので、線引きが難しいようです。

競馬・競輪・競艇などは、それぞれ競馬法・自転車競技法・モーターボート競走法などで認められた賭博なので、基本的には違法になりません。

オンラインカジノは「賭博罪」にあたり、法律では賭けた人・賭けを開帳した人間を逮捕しなければなりませんが、実際オンラインカジノは運営元が海外にあります。

そのため日本の法律は適用されず、基本的には逮捕されないというのものです。

2016年の事件での容疑者も「海外サイトなら大丈夫だと思った」と話しており、まさか逮捕されるとは思っていないようでした。

スマートライブカジノというサイトを利用しており、一千万円ぐらい利用を行ったと供述しています。本来であれば日本の法律は適用されず逮捕はできないはずですが、今回は日本国内で賭場を開帳しているとみなされ、逮捕という形になりました。

このように逮捕者が出た前例もあるオンラインカジノですが、結局のところパイザカジノで逮捕された人はいるのでしょうか。

調べてみましたが、パイザカジノで逮捕された人はいませんでした。

事件の起こったスマートライブカジノもパイザカジノも、運営元は海外ですがライセンスを取得している合法カジノです。

日本国内で賭場を開帳しているとみなされると、逮捕される可能性はありますが、あくまで海外でカジノを行う分には違法性はなく、逮捕される可能性は少ないと言えます。

パイザカジノってググると逮捕って出てくるのは何故?

前述でパイザカジノで逮捕された人はいないとお伝えしてきました。それならば何故、グーグルで検索をすると「逮捕」というワードが出てくるのでしょうか。

逮捕された人はいないはずなのに、検索ワードで逮捕という言葉が出てくるのは何故なのか、その理由を徹底調査してみました。

海外でカジノは合法ですが、日本でカジノは違法である、との思い込みがひとつの原因ではないかと言われています。

ネット検索をするとき、ポジティブなワードよりもネガティブなワードの方が気になってしまい、検索ワードとして定着しやすい傾向にあります。

私も気になったカジノの名前で検索を行うことがありますが、「〇〇カジノ 稼げる」よりも「〇〇カジノ 逮捕」「〇〇カジノ 危険」といってワードの方が気になってしまいます。

オンラインカジノに興味がある人にとって、カジノを行うことで逮捕されるのかどうかは大きく関心があるところです。

オンラインカジノを行うからには稼げるかどうかよりも、なるべくリスクを避けたいと考えるのが人間の自然な心理でしょう。

パイザカジノに興味を持って調べた人が、逮捕というワードを見て不安になってクリックを行い、その回数が多くなった為に検索ワードに「逮捕」と出てきた可能性が高いです。

オンラインカジノは逮捕されるの?

前述でオンラインカジノで逮捕された事例を紹介しましたが、容疑者は逮捕された後どのように裁かれたのでしょうか。

彼らが逮捕されるまでの経緯と、その後の裁判について詳しく調査してみました。

カジノ合法国が運営するオンラインカジノを、インターネットを介して利用する場合は、その国の法律が適用されるため合法であるとされてきました。

しかし日本で店舗を開いて賭博と行うことは日本の法律が適用されるため、違法カジノとみなされてしまいます。

違法カジノ店と呼ばれる店舗は、店舗内にルーレットなど賭博をするためのツールが用意されていることが多いのですが、これにオンラインカジノが適用されていることがあります。

その場合はパソコンの中で利用しているサイトが海外のオンラインカジノであっても、店舗運営者が日本国内で賭博場を運営しているとみなされている為、明確に違法となります。その為、違法カジノ店での検挙例は沢山あります。

2016年に逮捕された容疑者3名は、違法カジノ店ではなく個人のPCから海外のオンラインカジノサイトにアクセスしプレイをしていたので、一見違法性はないのではと思われます。

しかし今回は「日本人向けライブカジノゲーム」であることが問題であり、日本人ディーラーが日本人のためにゲームを進行してくれたり、プレゼンターも日本語で対応を行っており、「日本国内にあるカジノ店で賭博を行っている」のと同じであると判定された為、逮捕という形になりました。

そして3人はネットに個人情報をすべて公開していた為、特定が容易であったのも逮捕された理由のひとつです。

逮捕された容疑者は、日本の法律でどのように裁かれたのでしょうか。

裁判を行った結果、不起訴となりました。ここからは不起訴となった経緯について解説していきます。

逮捕されたあと、略式起訴で判決が行われ3人には罰金刑が言い渡されました。

2人はその判決に従いましたが、1人の容疑者は不服を申し立て、正式裁判へと発展します。

弁護側の言い分としては、海外の合法カジノを利用していたため違法性は見られず、「賭博罪」自体が利用者ではなく胴元を逮捕する為にあるものであり、胴元を逮捕せずに利用者のみを逮捕するのは道理に反すると主張しています。

現行法でオンラインカジノとして明確に定められていない状況下で、賭博法を適用するのは疑問であるとの主張に対し、検察側は不起訴を認め無罪判決となりました。

このようにオンラインカジノで逮捕された事例はありますが、日本の法律には不確実な部分が多く、海外のオンラインカジノを利用するにあたっては合法であるとみなされる場合が多いようです。